音楽

4/22

熊本地震から一週間
未だに強い揺れがおさまらず、熊本・大分をはじめとする九州地方の方々のことを思うと、心が引き裂かれそうになる
自分の大切な人や生活の場所を被災で失い、まだ尚揺れの恐怖と過酷な避難所生活を強いられている

今日、僕の働く大学からも学生たちが現地の避難所に向かい支援活動を行うことが決まった
日頃から災害時の看護を学ぶ学生たちで、いずれは被災地での救命活動に従事することはわかっていたけれど、いざその時が来るといつも笑顔で愉快な会話をしてくれる彼ら/彼女らの安否が不安で堪らなくなる

5年前の出来事で、音楽がそれまで自分の唯一の拠り所だったからこそ僕は音楽というものの無力さに苛立ち、活動することを殆どやめた
その後、音楽の他に自分にできることを探して、東京を離れ災害看護大学院で働き始めた
それが間違っていたとは思わないけれど、どういうわけか僕は今また音楽をつくっている
たぶん僕にとっての音楽はずっと「祈り」みたいなものだったということにあらためて気がついたから
だから祈りを捨てる事はもうしたくない

どんな言葉も無力さの中に掻き消されそうな状況だからこそ、自分の声に耳を澄ますことを続けようと思う

5月は愛媛と台湾に行きます
http://acae.jp/tour

東京日和 vol.1

今ソウルに来てます。

今週の土日、ソウルのYri cafeと空中キャンプで『東京日和』という2日間のイベントを開催するために2年半振りにやって来ました。

『東京日和』というイベントは、僕が高知に移住してから、時々東京で友人のアーティストたちを呼んで開催したいな、と思っていたイベントですが、初回の舞台はなんとソウルとなりました。笑

そして日本と韓国からたくさんの素敵なアーティストが出演してくれます。

さっき飛行機から降りる時、隣に座っていた韓国人の女の子2人組が照れくさそうに僕に話しかけてくれました。

「サヨナラ、Have a nice trip」と。

旅は出逢いでもあり、別れでもあります。

でも別れる頃には、その女の子たちの照れくさそうな笑顔が僕の心の中に残って、僕はその出逢いをいつまでも想い出すことができます。

今回のツアーでもたくさんの人に出逢えますように。
それではYri cafeと空中キャンプでお待ちしています。


2014年 10月 18日 (土)
<aCae主催「東京日和 vol.1」in SEOUL 1日目>@韓国 YRI CAFE
出演 aCae+田辺玄(WATER WATER CAMEL) / 森ゆに / たゆたう / 고니(ゴニ) / 청노루(チョンノル)
時間 OPEN 19:00 START 20:00
料金 前売り 15,000KRW / 当日 20,000KRW (with 1 free drink)
info http://cafe.naver.com/yricafe


2014年 10月 19日 (日)
<aCae主催「東京日和 vol.1」in SEOUL 2日目>@韓国 空中キャンプ
出演 aCae+田辺玄(WATER WATER CAMEL) / 森ゆに / たゆたう / 강아솔(カン アソル)/ Big Baby Driver
時間 OPEN 18:00 START 19:00
料金 前売り 15,000KRW / 当日 20,000KRW (with 1 free drink)
info http://kuchu-camp.net/xe/page_top

village 2014



高知で行われるイベント、village 2014に出演します。

今年で2回目ですが、もうすでに1年でもっとも楽しみなイベントのひとつになっています。
今年は120店舗ものお店が集まるそうです。すごい。

県や市も、こういうイベントをもっと支援してほしいなと思う。
若者たちだけではなく、いろんな年代の人が楽しめるイベントだと思うので。

さて今回ぼくはこのようなバンドスタイルで演奏させてもらいます。

Vo. aCae
Gt. 田辺玄 (WATER WATER CAMEL)
Pf. 塩野まや
Per. ゆり

出演は18日のお昼頃です。
投げ銭ライブなので、ご協力をお願いします~

village 公式サイト http://village-kochi.com/

15年分のライブ納め

東京ではここ数日、冷たい雨が降っています。
僕の故郷では今日初雪が降ったようです。

そしてもうすぐ2013年も終わり。
今年もたくさんの方々に支えて頂いてありがとうございました。

実は2013年のおわりにあわせて、僕は一旦15年暮らした東京を離れることになりました。

2011年に起こった震災以来、自分にできることをずっと探してきて、ある土地でひとつの生き方が見つかりました。
詳しいことはまたあらためてブログのほうに書こうと思いますが、しばらくの間、その生き方に挑戦してみようと思っています。

でも「音楽をつくる」ということは僕にとって息をするのと同じことなので、これからも音楽はつくり続けます。
これからしばらくの間経験する新しい自分の暮らしも、きっと自分のつくる音楽や自分自身にとって貴重な経験になると信じています。

ひとまず明日は移住前の最後の東京ライブです。
東京で過ごした15年間の日々と、お世話になったたくさんの方々に、感謝の気持ちを込めて演奏しようと思います。
まだ少しお席がありますので、ご都合よろしければ遊びにいらしてください。

明日には冷たい雨が真っ白い雪に変わりますように。

——————————————–
aCae Christmas Live 2013
■日時:2013年12月21日(土)
■会場:品川 La capi
■時間:17:30 open 18:00 start
■料金:2,000円(お茶付き♪)
■チケット予約:Eメール・お電話でご予約下さい。
Email lacapi@east.cts.ne.jp TEL 03-3450-8234
La capi HP :http://www1.cts.ne.jp/~lacapi/
——————————————–

sketch #3

暮らしの中で聞こえてきた音、思いついた音のスケッチ。
#3をアップしました。



ヴィレッジ


先週末、高知で行われたヴィレッジというイベントに参加させてもらいました。

太陽に照らされた2日間。素敵なお店がたくさん並んで、こどもたちがあちらこちらで木登りをしていて、おとなたちもこどもみたいにどきどきしていて、少し夏みたいな匂いの風が吹いていて、そのあいだを縫うように木漏れ日が揺れていて、なんとなく懐かしいかんじがする、そんなイベントでした。

自分が育った高知という場所にくると僕がいつも感じてたこと。正直それは心地よいものではなくて、うまく言葉にできない罪悪感と、自分の居場所の無さでした。
たぶんそれは今も変わってないけど、ヴィレッジにいるときだけはそんな気持ちも忘れていられたような気がします。

今、高知では強い雨が降ってます。
雨雲たちが雲の切れ間からヴィレッジの動向を偵察していて、閉幕と同時にGoサインを出したんじゃないか、と思えるくらい綿密な梅雨入りです。

ざばざばと降る雨の音を聞きながらピアノを弾いています。
楽しかった日々が過ぎてどうしていいかわからなくなったあと、やっぱりここに戻ってきます。